Environmental Technology Making The Most of Nature
お問い合わせ
MENU
お知らせ News
お知らせ

オムロン野洲事務所「ぼてじゃこの池」イチモンジタナゴ放流!

2016年4月8日のオムロン野洲事業所様の「ぼてじゃこの池」において、
かねてから保全しているイチモンジタナゴの親魚を放流しました。
今年度はビオトープの「ぼてじゃこの池」だけではなく、
実験マスも用いて密度などの効果を実験的に観察していきます。

放流したイチモンジタナゴ。すでに産卵管が伸びた雌、婚姻色が出た雄が見られます。

タナゴの仲間はドブガイなどの二枚貝に卵を産みつけ、
卵と小さな子ども(仔魚)は貝に守られて育ちます。
また、二枚貝の子どもは魚に寄生して成長するため、
繁殖にはタナゴと二枚貝、他の魚類とのつながりが重要です。
近年、河川改修や外来魚の影響により生息数が激減しています。

放流した二枚貝。この中にタナゴが卵を産みます。

今回の放流では、社員の方々も積極的に参加してくださいました。
イチモンジタナゴの保全も6年目を迎え、
社員の皆様の知識や手つきもさながら研究者のようです。
繁殖が成功する事を願いながら、今後も継続的に観察していきます。

雌雄の選別をする社員さん。専門家顔負けの手つきです。

弊社の新入社員も二枚貝をビオトープへ。
大学院でタナゴの研究をしていたこともあり、手際が良く頼もしい!