生物多様性の保全を目的とした事業や活動を行うためには、まずどのような生物がいつ、どこで、どれくらいいるのかという基礎的な情報を得る必要があります。
ラーゴでは各分野の生物の専門家がおり、精度の高い調査と結果の分析を行うことができます。
定性的・定量的なデータを基に解析し、分かりやすい形で結果を示すことで対外的にも積極的に成果をアピールする事も可能です。
調査によって得られた結果を基に、ビオトープなどの自然環境復元や希少生物の保全・研究、緑地を使っての環境学習など生物多様性保全に関するさまざまな対策や活動を具体的に立案することができます。

植物

植物社会学的手法を用いた植生調査をもとに生態系の基盤となる植物の生育状況を明らかにします。現在の緑地を評価するとともに、過去そして未来の緑地の遷移を予測することができます。

主な業務内容

植生調査(Braun-Blanquet法)
フロラ調査
毎木調査
現存植生図・潜在自然植生図の作成
群落組成表の作成
群落記載
採集植物の標本作製
埋土種子調査
里山整備に関する調査
潜水による水草調査
街路樹の生育状況調査
哺乳類

なかなかその姿を見ることが難しい哺乳類の調査では足跡などの痕跡を調べる他、トラップやセンサーカメラにより生息状況を確認します。シカやタヌキなどの移動経路を知ることで緑地の連続性を評価することができます。

主な業務内容

痕跡(フィールドサイン)確認法
目視観察法
センサーカメラによる撮影
シャーマントラップ等小型哺乳類の捕獲調査
鳥類

翼があり自分の好きな場所へと簡単に移動できる鳥は環境の指標種になります。鳥の種類や個体数などから、その緑地がどのような状態であるのかを評価することができます。

主な業務内容

ラインセンサス法(ロードサイドセンサス法)
ポイントセンサス法
テリトリーマッピング法
猛禽類調査(定点観察、営巣木踏査、営巣環境調査、飛翔図作成、行動圏解析)
フクロウ巣箱設置・繁殖調査
ペリット分析(動物類の骨、昆虫類の破片、植物種子など)
両生類

翼があり自分の好きな場所へと簡単に移動できる鳥は環境の指標種になります。鳥の種類や個体数などから、その緑地がどのような状態であるのかを評価することができます。

主な業務内容

任意踏査
夜間鳴き声調査
ラインセンサス法
サンショウウオ・カエル類調査(潜水調査、小型カメラ調査、発信器による追跡調査、マイクロチップによる再確認調査、胃内容物調査)
爬虫類

ヘビやトカゲなど、あまり人気のない爬虫類ですが、生態系では食べる-食べられるの関係をつなぐ重要な生き物です。特に高次捕食者であるヘビ類は生態系の豊かさを示す指標となります。

主な業務内容

任意踏査
カメトラップ法
魚類

河川や水路、田んぼ、ため池などに生息する魚類は季節によって移動するものもたくさんいます。水辺環境の指標種であるだけではなく、その連続性を評価することができます。

主な業務内容

任意採集(タモ網、投網、サデ網、セルビン、カゴ罠、どう、はえ縄、小型定置網など)
潜水調査
産卵・仔稚魚調査
遡上調査
外来魚調査
昆虫類

数百万、数千万種とも言われる多様性をもつ昆虫類は、どのような環境にも生息しています。トンボやチョウなどは指標種となり、その緑地の状況をミクロに評価することができます。

主な業務内容

任意採集(スィーピング法、ビーティング法、石起し法、朽木採集法)
ライトトラップ法(カーテン・ボックス)
フライト・インターセプト・トラップ法(FIT)
ピットフォールトラップ法
ベイトトラップ法
希少種調査(ギフチョウ、ゲンゴロウ類、トンボ類、ホタル類など)
標本作成
底生生物(ベントス)

底生生物は水域生態系の下位に位置するものが多く、魚類など水生生物の重要な餌資源となっています。水辺環境との関係を定性的・定量的に解析することができます。

主な業務内容

任意採集(タモ網などを用いた定性調査)
定量採集(サーバーネット、エクマンバージ採泥器、コドラート法)
主な実績

公共事業等

自然環境保全基礎調査
河川水辺の国勢調査
最終処分場建設に係る環境アセスメント調査
林道建設に係る猛禽類生息状況調査
高速道路・バイパスなど建設に係る環境アセスメント調査
生物モニタリング調査
砂防ダム建設に係る生物調査
メガソーラー建設に係る生物調査
風力発電・携帯電話電波塔建設に係る生物調査
里山再生に係る動植物調査
植物調査状況(フロラ調査)
植物調査状況(フロラ調査)
鳥類(猛禽類)調査状況(定点観察)
鳥類(猛禽類)調査状況(定点観察)
魚類調査状況(タモ網による任意採集)
魚類調査状況(タモ網による任意採集)
C2.13
昆虫調査状況(スィーピング法)

その他

企業連携による滋賀県トンボ調査
生物多様性びわ湖ネットワーク(旭化成株式会社・ 旭化成住工株式会社・オムロン株式会社・ 積水樹脂株式会社・ダイハツ工業株式会社・ 株式会社ダイフク・ヤンマーミュージアム)
H30*1
市街地の生物モニタリングと
エコロジカルネットワーク調査
旭化成株式会社・旭化成ホームズ株式会社
H30
ダイハツ工業久留米地区生物調査
ダイハツ工業株式会社
H30
立命館大学びわこ・くさつキャンパス生態系調査
立命館大学
H30
ダイハツ工業多田地区生物調査
ダイハツ工業株式会社
H29~30
ダイハツ工業池田地区生物調査
ダイハツ工業株式会社
H29
立命館大学衣笠キャンパス生態系調査
立命館大学
H29
ダイハツ工業京都地区生物調査
ダイハツ工業株式会社
H29
事業所および周辺地域における動植物調査
旭化成住工株式会社
H29
三菱自動車水島工場生き物調査・緑地評価
三菱自動車工業株式会社
H29
企業連携による湖東地域トンボ調査
生物多様性湖東地域ネットワーク
(旭化成株式会社・旭化成住工株式会社・
積水樹脂株式会社・株式会社ダイフク)
H28~29*2
伊丹製作所生物調査
三菱電機株式会社
H28
Detroit(Mi, USA)
Plants & Amimals Research(動植物調査)
RAA
H27~30
ダイキン工業滋賀製作所鳥類調査
ダイキン工業株式会社
H30
旭化成守山製造所および周辺地域の魚類調査
旭化成株式会社
H28~29
重要文化的景観に係る生物調査
東近江市
H27
ダイハツ工業滋賀地区生物調査
ダイハツ工業株式会社
H27~30
ブリヂストン彦根工場秋季動植物調査
株式会社ブリヂストン
H27
滋賀工場動植物調査
積水樹脂株式会社
H27~30
ビオトープ改修に係る動植物調査
オムロンヘルスケア株式会社
H26
ダイキン滋賀の森生物モニタリング調査
ダイキン工業株式会社
H25~30
旭化成守山工場外来魚駆除
及び解析と報告書作成
旭化成株式会社
H25
ダイフク滋賀事業所生態系調査
株式会社ダイフク
H25
ダイフク カスミサンショウウオ調査及び
モニタリング手法の検討業務
株式会社ダイフク
H25
三菱自動車滋賀工場生き物調査・緑地評価
三菱自動車工業株式会社
H25
ダイキン工業淀川製作所動植物調査
ダイキン工業株式会社
H24~25,H28
ダイキン滋賀の森生物多様性診断(動植物調査)
ダイキン工業株式会社
H24〜25
北上川河口部植生調査
京都大学
H24〜25
パナソニック株式会社共存の森動植物調査
パナソニック株式会社アプライアンス社
H24〜30
伊豆半島植生調査 データ整理
財団法人地球環境戦略研究機関
国際生態学センター:IGES-JISE
H24〜26
旭化成守山工場魚類調査
旭化成株式会社
H23
パナソニック草津工場緑地動植物調査
パナソニック株式会社アプライアンス社
H23
三重県大台町ニホンザルテレメトリー調査業務
大台町役場
H22
琵琶湖植生・伊豆半島植生調査
財団法人地球環境戦略研究機関
国際生態学センター:IGES-JISE
H22〜23
植生調査支援
横浜国立大学
H19
琵琶湖ヨシ群落調査
京都大学
H19〜26
Biyoセンターヨシ群落調査
京都大学
H19
環境調査
財団法人地球環境戦略研究機関
国際生態学センター:IGES-JISE
H19