株式会社ラーゴ | 生物多様性コンサルタント

企画 生物調査分析 自然環境復元 保全研究 環境学習 広報PR
施工事例2
ベストマングリーンシステム|生植物を活用した水辺の緑化を行う自然環境再生技術です。ヤシ繊維を基盤材とした水生植物製品の提供・販売も行っております。
佐川美術館樂吉左衞門館植栽工事

請負業者:株式会社竹中工務店


施工のPOINT
樂吉左衞門先生がイメージされた、叢叢とした島に囲まれた茶室を演出。
島の周囲にはアゼスゲを、島本体にはヨシとヒメガマを植栽しました。

施工前
佐川美術館に樂吉左衞門先生の茶室を増設された。茶室より眺めることのできる水庭には、樂氏のアトリエ前のススキ野のイメージを重ね合わせたもの叢叢とした島が浮かぶ。

施工後
植物はすべて滋賀県産のものを使用。 弊社圃場で育成した製品を使用するため、早期緑化が可能となり、オープン時には、繁茂した演出が可能となりました。
施工後ヨシとヒメガマは2m近くにまで生長しました。

水庭に植栽した植物
●ヒメガマ(Typha minima
●ヨシ(Phragmites communis Trin.)
●アゼスゲ(Carex thunbergii Steud.)
島の周囲にはアゼスゲ(植生育成済ベストマンロール)を植栽。
アゼスゲの間より、植物が水面を這うように、アシカキを点在。
島本体にはヨシとヒメガマ(ベストマンパレット)を植栽。

『日経アーキテクチュア(07.12.24 新年号)』に掲載されました!
佐川美術館 樂吉左衛門館が、「光と影を展示する地下の美術館、地上の茶室」と紹介されました。
『第17回 AACA(日本建築美術工芸協会)賞』を受賞しました!